血液検査

体脂肪量は変化が見られず、体重が食物摂取や排尿等により短時間で増減する時、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上がります。

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によってモニターできますが、ここ数年肝機能が衰退している人が明らかに増加していると言われています。

「あまりにも多忙だ」「無駄なお付き合いが嫌い」「先端技術や情報のめざましい高度化に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい主因は一人一人違います。
塩分や脂肪分の摂取過多を避けた上で続けられる運動に尽力し、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を予め予防するポイントです。

2005年(H17)年から全てのトクホのパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の日本語を表示すること義務化した。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now

You must be logged in to post a comment.