人口計画

工業国としての開発が済んだ他の先進国は、産業の高次化を進めており、そこで必要な労働力は、大量の低賃金単純労働力ではなく、

ハイスキルの技能職なので、量より質が大事になる。
つまり人口維持を目的とした多産奨励は、先進国の人口計画としてはナンセンス。 高度な教育が必要な技能職(ホワイトカラー)は、ネイティブ国民で充当し、浮気調査 三重言葉は悪いが替えが効く単純労働力(ブルーカラー)は、足りなかったら移民で充当する。 教育に金と手間と時間がかかるホワイトカラーは、ネイティブ国民で継続雇用する。 単純労働で熟練を必要としないブルーカラーは、移民で適宜調整する。 (移民は将来もずっと日本にいるとは限らず、人手を必要とする他国に移動する方が移民自身にとっても利益に成り得る) それが少子化対策の骨子になる。
なんとしてでも少子化対策を多産奨励に読み替えようとする圧力があるが、それは政府や自治体の方針ではないし、他の先進国の潮流と合っていないので、どれだけ情報を読み替えようと現実にはそぐわない。 主婦奨励意見もおかしな話で、自国男性のみでは人手が足りないならば、自国女性から職場に入ってもらうのが正しい。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.