利用されている

日本の官憲は韓国企業に対して無力なので、LINEは批判も規制も不可能な、ある種の聖域になっている。 が、北朝鮮勢力にとっては韓国企業も聖域ではない。

日本の中にいる北朝鮮勢力は、非合法の秘密工作員ばかりではない。 戦前から続く朝鮮民族互助組織の創価学会。 親北系の労組や総会屋。 朝鮮民族系のヤクザ。
朝鮮寄りの右翼団体。 などなど、各種の合法団体がある。 今回の事件が、必ずしも朝鮮系ヤクザによる、韓国系ヤクザのLINE売春拠点の襲撃とは限らないが、北朝鮮勢力がLINEの評判をサゲて、 LINE上場を失敗させるように画策するとしたら、まずは隠しようがない暴力沙汰を起こして、LINEは売買春に利用されていることを全国記事にして晒す ことを狙うだろう。
然る後に、LINEと取引がある各企業に対し、売春支援企業のLINEと取引を続けるならば、株主総会でゴネるぞと恫喝する。 裏で恫喝するだけではなく、一般人に見える場所で、企業名やアプリ名は特定せずに、「未成年をネット犯罪から守れ!」「日本女性の貞操を守れ!」と言った街宣をかける。
ここまでやれば、いかに聖域の韓国企業と言えども、知らん顔して株式上場するのは難しくなる。 (不可能とは言わないが) LINEを巡る攻防は、秋にあると言われている株式上場に向けて激しくなるので、巻き込まれたくない人は、LINEを消しておいた方が良いと思う。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.