手薄

時代は変わり、精密誘導兵器が発達し、戦闘機は超音速巡航するようになり、ミサイルの射程と命中精度は上がった。 そのため、日本を米軍の主力前線基地とすると、

中国軍からの攻撃に対して防御が間に合わないので、米軍は平時の駐留は沖縄メインではなく、グアム・サイパンや、フィリピンや、ディエゴ・ガルシアを中心にするようになった。
そうなると、平時の日本はアメリカ不在で手薄になるので、中国は強気になって、アメリカが起こって全面戦争にはならない程度にちょっかいを出すようになってくる。
それは対日本に限らず、東シナ海、南シナ海で接している、台湾、ベトナム、フィリピンに対しても。 米軍が後方に退いた現状で、中国の軍事圧力から身を守るために、東シナ海、南シナ海でシーレーンを共有する各国が協力しあうこと。
米軍は冷戦の時ほどやる気はないので、中国の戦闘機が日本上空に飛んできても、日米安保の内容だと米軍はスルーするかも知れないので、きっちり同盟国として集団的自衛権を締結し、日本領空で戦闘になったらアメリカも必ず参戦すると約束させること。 この二点において、日本が集団的自衛権を行使することに大きな意義がある。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.