科学的

早く旧宗主国の干渉から独立したいですね。国が法の名のもとに殺すのが正義ならば、ナチスや帝国日本がやったことも正義ですし、

スターリンや毛沢東やポル・ポトがやった粛清の嵐も正義です。
アメリカが60年代ごろまで気軽にやっていた死刑は黒人差別でしたし、イスラム国家に現代でも石打ち刑という残酷な死刑があるのは、不倫調査 大阪宗教という巨大な国民感情が優先だからです。
60年代当時のアメリカにとって、黒人を汚い者扱いするのは正義でしたし、ムスリムの姦通罪を石打ち刑にするのも正義です。昔は為政者が何をやっているのか、本当のところは庶民にはさっぱり分かりませんでしたが、ネット時代で科学的な検証方法も増えている現代は、本当は正義じゃなくて政治的都合で殺したのだろ? つか冤罪や誤審だろ?
と後から引っくり返されることも増えています。
また不粋な話ですが、重犯罪者を壁の中に人質に取る方が、組織犯罪は抑止できます。死刑にすると、犯罪組織はリベンジに燃えたり、跡目争いで抗争が激化することがあります。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.