特権を与えるべき

女性特権が存在出来たのは、男の側が圧倒的に力が強かったことに加え、女は子供の母親だからということがある。 妻とは離婚出来ても、子供は捨てられない。

子供にとってはどんな女であっても母は母。
しかし結婚して子の母にならないのならば、女性にそこまで特権を与えるべき理由はない。
よく、女性は出産する能力があるから男よりも価値がある。
とう意見があるが、それは裏を返せば、出産する意志がない女性や、浮気調査 岩手加齢や病気で出産能力がない女性にも価値がないと言っていることになる。
これも公言するのはタブーとされていることの1つだが、個人差はあるものの、女性は35歳を過ぎると妊娠・出産能力が顕著に減退する。 男の適齢期の上限が、定年から逆算しての40歳手前であるのに対し、女性は妊娠・出産能力ベースなので30代前半がタイムリミットとなる。
男女で概ね5年の時間差がある。 そのため、団塊Jrという大きな人口の塊の男性が40代に達して婚活市場から離脱すると、人口比で相対的に少ない35歳未満の女性は、カップリング対象を大量に失うことになり、婚活市場が女性余剰状態になる。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.