ミサイル

集団的自衛権の説明で語る、「米国に向かう攻撃ミサイルを撃ち落す」などは、世界でいきなり米国にミサイルを発射する国が存在するのか?

発射さ れたミサイルを迎撃して撃ち落す能力を持つ兵器を持つ国が在るのか?特に日本にその能力が在るのか?という2重・3重の意味で非現実的だと私は思うが間 違ってますか?

「平和国家という言葉を唱えるだけで平和が得られるわけではない。」とはそのとおりだが、対中国包囲網だの被侵略国に対する加害歴史の否定だの との行為は敵を敢えて創る挑発行為であり、平和を脅かす行為だと思うのだが、彼は中国の抹殺=敵性国家の抹殺こそ現実的平和創造だと思っているように見え 非現実の極みであり、平和国家の真逆思想だと思うが私が間違っているだろうか?

 キチガイに刃物、愚者に権力、安倍に政権である、私にとって国語の知識も、例えば主権在民・立憲主義を習った社会科の知識も全て「非現実的」とされる悪夢が続いている。

 日本が世界に冠たる教育国であり、日本人は世界最高の教育水準の国民であると習い・自負していたことすらも非現実化されている。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.