一世を風靡

だから日本のどんな会員サイトも「質のいい人」に限定したら100 万超えることはないし、数百万になったら良からぬ奴が混ざるのは当然というだけの話。

ツイッターもそういうこと。もう、「実名」である必要がある人以外は みんなツイッターは匿名でやるようになってる。というか、既にネットから離れて、結局、Face to Faceの交流に回帰してる。
ツイッターのアカウントは本気で関わりたくない相手に対して、とりあえず教えておく連絡先というポジションに代わってるか な。 一昨年あたりに女性を中心にプーペガールという女性向けのSNS(社長は京大卒の女性、当時まだ20代前半)が一世を風靡しましたが、こちらも半年ほどで変なユーザーが乱入するゾーンに急成長して一気に荒れましたしね。
さらには、ツイッターはフェースブックの1機能という流れになっているように思います。フェースブックはまだ、初期MIXIの様に異常に実名率が高いですが、さてさて、いつまでもつかと。 まあ、MIXIボイスにツイッターが連携し、さらにフェースブックも連携するようになりました。さらに携帯電話の電話帳とも連携するようになってきています。「MIXI」という単独サイトの会員数を論議する時代ではなくなったようには思います。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.