構成される

細野君が発表したから安全が担保されるわけではない。いくら組織をいじったって、中の人間が変わらなければ何も変わらない。

カネまみれの御用学者と、電力 会社の広告を期待するマスコミと、天下り先確保に躍起になる官僚どもと、おいしい余禄を期待する政治屋で構成されるのであれば、安全庁だろうが会議だろう が諮問委員会だろうが、何をやっても一緒。
原子力推進とは直接関わりなさそうな資源エネルギー庁がつい先日原発関連のネット監視の入札をやっていた。原子力村は全く懲りていない。
最初はたいそう威勢の良い事を言っていながら、 わきが治療 東京結局財務に取り込まれた菅と経産に取り込まれた海江田のあの醜悪な姿を見れば細野君だってどこまで信用できるのかという疑念が湧くのは当然というもの。 本当に国民の安全な暮らしを守りたいのなら、すべての委員会や会議に原発反対派を必ず半分入れるという規定と、ミーティングは全て公開するという規定を入れるべき。
それができなきゃ民主党も細野君も評価に値しないし、政府の無策で国民が放射能を被り続ける実態は何も変わらない。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.