ここから鉄拳制裁が始まるような、帝国陸軍風の血生臭い人間付き合いがお好みですか?
暴力の世界はそんなに甘くないですよ。 

それなりに教育を受けた御方であれば、先ずはご挨拶からという日本の風習くらいはご存じでしょう。どこの国の方かは存じ上げませんが…。国籍なんて、牧牛の尻に押された焼印のようなものですから、そんなモノを屈辱とも思わずに、有り難がっている人がどうかしています。
外国人の友人が一人で もいれば、国籍も言語の違いも些細な事に過ぎないと気付けるのですが、「友人を作れ」と勧めたところで、どうにかなるものでもないでしょうしね。 
“西洋の諺に闇金弁護士「愚民の上に苛き政府あり」とはこのことなり。
こは政府の苛きにあらず、愚民の自ら招く災なり”。これは、福沢諭吉『学問のすゝめ』の初編に あった、学問の本分とも言える重要な忠告だ。冒頭、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」で始まるように、学問を怠れば、人の上下を言うような為 政者に隷属しなければならなくなる。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.