侵略戦争

離れ小島になって奪われるのが確定した雑魚武将しかいない土地を放置委任するだけです。

また、超精鋭部隊を作って、敵を圧倒的に葬っていくのが好きです。若いシリーズでは兵科とか色々と複雑な要素が出てきたので難しいですけど、3の頃は、呂布、蜀5虎将軍、許槠、典韦、大史慈、甘寧で部隊を作って、侵略戦争はこの精鋭部隊でっていうのが定番でした。

シリーズで一番サルように狂ってやっていたのが、5ですね。速攻で体力削った武将を使って、相手の雑魚武将に一騎打ち仕掛けて部隊丸ごと吸収とかしていました。ゲームの面白さというよりも、自分の好きな武将を活躍させることに楽しみを見出すタイプのようです。5では、曹操の一族(曹氏と夏侯氏だけ)で全土を制覇できるかをチャレンジしたことがあります。捕らえた武将は全て斬首。李典も楽進もゲーム開始と同時に解雇して、別武将に雇われているのを戦争で捕らえて斬首。この戦後処理の模様を脚本に仕立てて2ちゃんねるで「悪虐曹操」の名前で連載したこともあります。途中から仕事が忙しくなって未完にしちゃいましたけど、ゲームの中では一族で中華を統一できていました。季節ごとに20カ国ぐらいで反乱起きてましたけど。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.