環境づくり

日本のプロ野球の観戦料はメジャーよりもずっと高いので、彼らの高給を支えているのは放映料とグッズ販売料などだと思いますが、

特に放映料は日本 の場合、長年、読売と日テレの間の価格が上限化していたり、またケーブルテレビが普及していない結果、地元局との連携が薄かったりという問題がありました が、ここにきっちりとメスを入れて、野球選手の処遇を改善し、メジャー選手がもっと「気軽に」日本に来られる環境づくりも長期的には重要です。 そこまでいければ日米合同ドラフト、浮気調査 山形日米間トレード、という可能性も生まれる可能性があります。
現状はほぼ一方的に「取られっ放し」ですが、ここまでくればこうした事態も改善することが可能となります。 道のりは長いですが、出来ることからやっていき、何れはメジャーと日本野球の垣根がもっと無くなれば、よりプロ野球は面白くなる、と思っています。
先ずそもそも如何ともし難い厳然たる事実として、今後急速に人口が減少していきます。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.