神室町

タイトルの神室町というのは歌舞伎町をモチーフにした街です。

中日が引っ付けばアメリカの出る幕はなくなる。かといって、最大の貿易相手中国を敵に回すわれにはいかない。

鳩山のアメリカ抜きの共同体構想は、21世紀100年は有効だろう。アメリカは必死に鳩山小沢ラインを潰した、これからも鳩山排除の世論形成は続く。

いいかナショナリズムが何のために必要かもわからなくなっている劣化ネトウヨが、これだけ読んで脳みそなしだから、脊髄反射でクソをひとの庭に落していくことが予想されるが、即削除するからそのつもりで。(笑)

さて私の統一教会との名誉棄損事件に、親身に助けてくれた保守論壇の重鎮山崎行太郎氏が、新刊をだした。

今回は他の地方の繁華街も描くのではなく神室町を細部まで描こうというコンセプトになりました。

前回までは立ち入りが出来なかった不倫調査宮崎新宿サブナード、屋上、下水道、外国人の縄張り等に行けるように行けるようになりました。

主人公も桐生以外に秋山、冴島、谷村の3人が加わり別の視点から一つの街の魅力を見つめられます。

秋山は ちいさんぽ的にお店の人や地元の人との触れ合いを通して神室町を見つめます。

相談にのってあげたり、店の常連になる事で親しくなります。

冴島は脱獄犯なので下水道の中に潜伏するみたいです。

語学が堪能な谷村は、外国人の縄張りになっている路地を歩き回れるみたいです。

まだ秋山のパートしかいじれてないのですが、街の人達との触れ合いが楽しいです。

フリーマガジンの割引券を使って飲み屋をはしごして安酒を飲みまくってみました。

現実世界もそうなんですが、街を歩きまわると色々な事に気づきますし、学べます。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.