事故

汗疱とは主に掌や足の裏、指の隙間などに小さめの水疱が出る病気で、一般には汗疹(あせも)と呼び、足裏に出来ると足水虫と勘違いされることも多くあります。

Read the rest of this entry

糖尿病

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば人体をがんから護る作用をする物質を産出するための金型である遺伝子の異常で発症してしまうということが分かっています。
いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢、尻などの場所に感染し、寄生する病気の事で即ち水虫です。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、加齢といった多様な素因が混ざると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するのです。

Read the rest of this entry

日和見感染

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種となることによって、病院などでスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わります。
AIDSというのはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の事であって、免疫不全を招いて些細な細菌などによる日和見感染や癌などを発症してしまう病状そのものを総称しています。

Read the rest of this entry

身体の中

結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準じて行われてきましたが、平成19年から結核以外の感染症と供に「感染症法」という名の法律に沿って遂行されることに決まったのです。
自分では骨折したのかどうか判別できない時は、ケガをした所の骨を弱めに圧してみてください。その部分に激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

Read the rest of this entry