糖尿病

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば人体をがんから護る作用をする物質を産出するための金型である遺伝子の異常で発症してしまうということが分かっています。
いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢、尻などの場所に感染し、寄生する病気の事で即ち水虫です。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、加齢といった多様な素因が混ざると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するのです。
通常は水虫といえばまず足を想像し、中でも足の裏に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけということはなく、体のどこにでもうつってしまうという恐れがあるので気を付けましょう。
汗疱(かんぽう)は手の平や足の裏、または指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる皮膚病で、通俗的には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると足水虫と早とちりされることが多くあります。
万が一検査でやはりエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回りPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かったら、その女性ホルモンを足すような治療等で改善が期待できます。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無くなった後に売られ、新薬と同一の成分で金銭的な負荷の小さい(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことを意味します。
くも膜下出血(SAH)とはほとんどが「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管にできる瘤(コブ)が裂けてしまう事で引き起こされてしまう死亡率の高い病気だと認識されています。
高齢の方や持病を持っている人は、一際肺炎を起こしやすく完治までに時間がかかる傾向があるため、常日頃から予防する意識や早め早めの治療が重要だといえます。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が要因で発病する湿疹で、分泌が乱れる要因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが挙げられます。
20代、30代で更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気のことを指します(日本においては40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(early menopause)」と呼んでいるのです)。
暗い場所では光量不足のためものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーがかかり、光の入る所でモノを眺めるより疲れるのが早くなるのです。
「ストレス」というものは、「消すべき」「除去すべきもの」ものとされていますが、実のところ、私たち人は色々なストレスを体験しているからこそ、活動することが可能になるのです。
インフルエンザ(流感)に対応する予防テクニックや治療法等、このようなベーシックな対処策は、それが例え季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
腹部の右上にある肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を始めとするいろんな疾病の素因となるかもしれません。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.